『お客様の伴走者』


先日、デンマークのインテリアブランド様で、 『提案接客スキルアップセミナー』をさせていただきました。 オープン前の1時間のショートセミナー。 お客様のお悩みや問題点を分析するには? お客様の描く理想をビビッドにイメージさせてあげるには?

開催前のヒアリングで頂いた課題を分析して、

この2つにフォーカスしてお話をさせていただきました。


イメージは、走りたいと思わせてあげて、

スタートを切ったお客様に『伴走』するイメージです。 ついつい、コーディネーターさんが前のめりになってしまうけれど、

お客様を前のめりにさせてあげて、

コーディネーターさんはリードしたり励ましたり。

お客様自ら、ゴール(理想の空間創り)に期待と目標を感じてもらうことがとても大切。


唯一無二のスタイルを、与えるんじゃなくて、 お客様自ら試行錯誤しながら創り上げてもらう。 そんな、ドキドキワクワクの道中を共に駆け抜けてゴールした時の信頼関係は

販売員-お客様の関係性を超える。


セミナーから半月が経過。 セミナー後に色々と個別に相談してくれたコーディネーターさんが、

キラキラと輝いている。 ショールームでお客様を案内しながら聞こえる笑い声。 成功の要因はいくつもあるのだけれど、 毎回異なる接客に、フレームワークが出来て、接客が整ってくると、

自信を持ってお客様に寄り添える。

共通のマニュアルではなく、スタッフさんそれぞれの接客を整えてあげる事で、

ぐんぐん自走してゆく。


7月も折り返し。 各コーディネーターさんがどんなゴールをされるのか、ドキドキワクワクです。

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示